まず相場を知ってから掛け合う

中古車にはそれぞれである程度の相場というものが決まっています。大きな車になればなるほど販売価格の相場が高くなりますが、自分でこの相場を把握した上で中古車を購入しないと足元をみられてしまい必要以上に高い車を購入することになってしまいます。中古車の価格相場というのはもちろん市場で決められているものですが、相場を知った上で中古車を購入することによって、値段交渉もしやすくなります。自分で相場を知らない状態で値段交渉すると言っても販売価格そのものを相場よりも高くしていれば、値下げをしてもらっただけでお得に感じてしまい、購入してしまうことになりますよね。しかし蓋を開けてみたら実際販売価格そのものが相場よりも高い設定だったなんていうことがあるので注意が必要です。

中古車の販売価格の相場を知るためにはインターネットなどで簡単に検索することができます。自分が購入したいと思っている車の中古相場などと言うキーワードで検索をかけると、年式やカラー、それからグレードによって相場を直ぐに調べられるので、このような相場を知った上で中古車販売業者に掛け合うようにしましょう。

新型スペーシア値引き状況

相場を下げて更にオプションも付加させる!

自分で相場を把握した上で中古車を購入する際の価格交渉を行いますが、相場の金額から車体価格を下げてくれたとしてもここで契約してはいけません。更に購入する際にタイヤを新しいものに変えてもらったり、バッテリー新しいものに変えてもらうというサービスを付加させるようにしましょう。こういった交渉に対して全く報じないような中古車販売業者は避けたほうが良いと思います。中古車の価格設定というのは元々高い設定になっており、相場そのものが比較的高いのですが、ここから本当車体価格を下げても業者側としては大きな利益になります。

こう考えると、購入する側としては、必要以上に高いお金を支払って中古車を購入しているということになりますから、その分オプション品などを付加させてお得に買い物をするようにした方が良いでしょう。また、金額がしっかりと出てきた場合にも、端数を切り取ってくれたら購入するという契約に結びつけるような交渉を行っていくことが大切です。少しでもリーズナブルに中古車を購入することができれば嬉しいのは間違いですが、その後車に故障などが生じた場合の業者の対応も違ってくると思います。交渉テクニックを知っているか、知らないかによって業者の対応は大きく違ってくるので、しっかりと交渉テクニックを把握しておくようにしましょう。