納車してからまずミラー

中古車を購入した場合にはその場ですぐに車を持ち帰るわけではなく、納車を待たなくてはなりません。それまでの間に業者側では様々なメンテナンスや修理手続き等を完了させますが、中古車が納車された場合には、まず自分の気に入っているミラーを装着するようにしてください。ルームミラーというのは運転する上で一番大切なものになります。しかし納車されたばかりの車のミラーというのはノーマルの状態であることがほとんどなので、非常に見にくいと感じてしまうなんていうこともあります。

近年ではルームミラーをノーマルでそのままにして走っている人はとても少なく、ほとんどの人がカー用品店などで大きなミラーを購入して装着しているのではないでしょうか。こういったミラーに慣れているとノーマルの状態でのミラーはとても見にくいし、映し出される範囲も狭く、運転しにくいと感じてしまうことがあるので事前にミラーを準備しておいた方が良いですね。

アルファードハイブリッド購入額

サイドミラーの角度もしっかりとチェックする

ルームミラーを自分の気に入るものに変更した後はサイドミラーのチェックをしましょう。サイドミラーもやはり、運転する人によって角度などが変わってくるので初めて運転する前に自分の見やすい角度に変えておくことが大切になります。ここでミラーの設定を忘れてしまうと、実際に車を走らせてからカーブを曲がる際にミラーが見えずに困るなんていうことがありますし、最悪の場合には、バイクや自転車等を巻き込んでしまうなんていうこともあるので必ず行ってください。

近年ではサイドミラーを変更する際にも調節するために自動のボタンが付いている車が殆どになってきました。そのためどこにミラー調節のボタンが付いているのか分からないなんて言う人もいますが、ほとんどの車はハンドルの右下部分にミラー調節が付いているので、ここで調節をするようにしてください。同時にシートの位置なども設定してしまうとその後の運転が楽になりますよね。運転手する前の段階でこういった事は必ず行っておかなければなりません。忘れていて走り出してから直そうと思っても、中々できる事ではありませんから、まずは納車されたらサイドミラーを調節するということや、ルームミラーを付け替えるということを最初に行うようにしましょう。これさえ行っておけば他の事に関しては、途中で忘れていたことに気がついても大きな問題がなく安全な走行をすることができると思います。