契約前にサービス内容を付加させる

新車を購入する際にはディーラーであれこれとオプション品をサービスしてもらうなんていうことがありますが、中古車でも同様に様々なサービスをしてもらうことが可能となっています。例えば中古車を契約し、納車前までにタイヤを新しいものに交換することや、バッテリーを新しいものに交換すること、そしてオイル類などに関しても全て新しいものに交換し良い状態で納車してくれるという約束を取り付けておけば納車後のメンテナンスも楽になりますよね。このようなサービスをしてくれる業者としてくれない業者がいますが、してくれる業者に関しては必ず契約をする前にどういったサービスをしてくれるのか確認しておきましょう。

契約してしまった後で、サービスを付け加えて欲しいと言っても対応してくれない業者が殆どになっています。一度契約が成立してしまえば必要以上にサービスしてくれる業者なんていうのはほとんどいないので、契約前にサービスを取り付けることが大切になります。またこの他にもカーオーディオを付けたり、オーディオだけではなくCDチェンジャーをサービスで付けてもらったり、チェンジャーは購入しても、装着するための工賃を無料にしてもらうなんていうサービスもしてくれる業者がいるので、やはり契約前に出来るだけ多くのサービスを受けられるように交渉した方が良いと思います。

新型アコード値引き

車検までが短い車ほどサービスを付加させる

それぞれの車によって次の車検までの期間というのは違っています。中古車を購入する際に新しく車検を取り直したというのであれば次の車検まで2年間という長い期間がありますがわそうではなく半年から1年などで次の車検を迎えるような場合には、中古車を購入する店舗で車検を受けることを引き換えに様々なサービスを付け加えてもらうと良いでしょう。上記したようなサービス内容ばかりではなく、UVカットするためのフィルムをすべての窓に貼ってもらうようなサービスや、エアコンのガスを満タンまでしっかりと補充してもらうサービスなどというのも良いと思います。

こういったサービスというのは基本的に業者側から提供してくれることはありませんから、購入する側がどんどんサービスをしてくださいと言っていかなければなりません。図々しいと思われてしまうなんて言う事を気にしていては損をすることになるので、どんどん図々しいお願いをしていきましょう。業者側も出来る限りのサービスはしてくれると思います。もちろん希望のサービスの全てを行ってくれるわけではありませんが、可能な限りサービスを受けることができればその他の費用を浮かせることができますね。